tendre タンドレ

メール便送料無料/年中無休/即日発送/カード決済コンビニ払

タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。
お客様の声紹介
復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス
オンラインカタログはこちら
お手紙帽子
タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。 お客様の声紹介 復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス オンラインカタログはこちら お手紙帽子

只今のご注文は2019年8月18日【日曜日】に発送致します 年中無休で発送の理由 災害で破損・汚れ等の医療用帽子は無料交換致します


煙草の臭い染み付いた商品を購入したいですか?医療用帽子専門tendreのはスタッフ全員禁煙者

医療用帽子専門店tendreの商品は、絶対に煙草の臭い染み付いておりません

当たり前じゃないと思われている方も多いと思います
医療用帽子専門tendreのスタッフ一同、当たり前と思っておりました

しかし、お客様よりお問い合わせ頂き「聞きにくい質問なのですが、届いた時煙草の臭いとかはありませんか?」とご質問がありました
詳しく話を聞くと、他店でご購入された医療用帽子に、煙草の臭いが染み付いて、とてもじゃ無いけどかぶれなかったと言う事でした

インターネットで良く商品を購入します
年に一度位、購入した商品に煙草の臭いがする時があります
商品が古本だったり、リサイクル品の場合が殆どで仕方が無いかなぁと納得できるケースばかりです
しかし、新品で購入した場合煙草の臭いが段ボールから臭ったり、段ボール箱を開封し、その中の商品に煙草の臭いが染み付いている事はございませんでした

煙草の臭いが染み付いた医療用帽子が届いたお客様には、同業他社の商品とは言え本当に申し訳無いと言う気持ちで一杯でした

【運送会社が原因で煙草の臭いがするケース】
運送中、箱が破損してしまった為等のなんだかのケースでドライバーさんの助手席に荷物が置かれた状態で、喫煙者のドライバーさんだった場合は、煙草の臭いがする場合もありますが、運送会社様が配達のドライバー様に運転中喫煙しない様にと、言われているのでこれは殆ど皆無に近いと思われます

【商品を発送する者が、喫煙者の場合】
荷物を梱包される方が、喫煙者だった場合、喫煙しているお部屋で梱包作業をされる場合
喫煙後に煙草の臭いが手に付いた状態で梱包作業を行った場合
等々

商品に煙草の臭いが染み付いてしまっている場合は、梱包作業をしたスタッフ一が喫煙者の場合だと思います

【煙草の臭いについて
他人が吸っている煙草の臭いを不快に思うと思われる方は、男性約75%・女性約85%
煙草の臭いを好まれる方は少ないと思います

煙草の臭いの原因は、数千種類の化学物質が入って、ニコチンやタールの他にも、アンモニア、アルデヒド類、硫化水素など、多くの人が不快に感じる悪臭成分が数多く含まれています。
なかでも、アセトアルデヒドやビニルピリジンの臭いが煙草の臭いの原因と言われています

化学物質の臭いが嫌な臭いを出している
健康に良いはずが無いですね!

医療用帽子専門tendreは、スタッフ一同、1度も喫煙した事が無い、スタッフのみです
これはスタッフとして、働いて頂く時に最初に「喫煙者ですか?」とお伺いさせて頂いております
喫煙者の場合は、誠に申し訳ございませんが、医療用帽子専門tendreのスタッフとして働いて頂く事は出来ません

今までスタッフとして働いて頂いた方々全てが、たまたま禁煙者しか来られなかったので、お断りする事はありませんでした

当店の商品は特にデリケートな商品です
商品を触って頂く時に、喫煙者の場合は煙草の臭いが付いてしまう事があるかもしれません
電子タバコと言う物がございますが、臭いが少ないのかも知れませんが、臭いが付いてしまってからでは、お客様に対してお詫びの言葉もありません

お客様が安心してかぶって頂ける為に、医療用帽子専門tendreはスタッフ一同、禁煙者のみで運営します

医療用帽子とは

この1ページわかるタンドレの医療用帽子 3分間だけタンドレにお付き合いください

タンドレの考える医療用帽子について

 医療用帽子(ケア帽子)とは、病気療養中の方やケガや化学繊維アレルギーや、治療などさまざまな理由で発疹や頭皮にかゆみ等でお悩みをお持ちの方のためにつくられた帽子の事。
身につけることで、直射日光や乾燥といった刺激から頭皮を守るのも、医療用帽子(ケア帽子)の役割。
 かぶり心地を重視し、デリケートな頭皮にやさしくなじむ肌ざわりのいい素材を用いる事。機能的でおしゃれで、かわいい、デザインで、ほがらかな毎日をサポートする為の帽子が医療用帽子の特徴。

医療用帽子への想い

写真

まちの洋品販売店の一角で生まれた、ひとつの帽子。
それが、医療用帽子専門店タンドレのはじまりです。

 あるとき、ひとりのスタッフが帽子職人として独立することになりました。彼が作りたかったのは、ひとりひとりの暮らしにフィットする、おしゃれでやさしい風合いの帽子です。その夢に共感し、応援する中で私たちは、オーガニックコットン100%の生地に出会いました。

 驚くほどしっとりとした肌ざわりで、吸湿性や保温性にすぐれたその生地は、“睡眠の質”を大切にする方向けの寝具として用いられるほどのもの。私たちが求める“やさしさ”を実現するのにふさわしい、理想の生地だったのです。

 早速、この生地で医療用帽子を仕立て、インターネットで販売してみたところ、お客様から多くの声が寄せられました。かぶり心地やデザイン性についての満足度だけでなく、「タンドレの医療用帽子をプレゼントしたところ、病気を境に籠もりがちになっていた母が、届いた帽子をかぶって外出したいと言うようになった」などの声もありました。想像をはるかに上回る喜びの声をいただき、その内容に感動した私たち。と同時に、医療用帽子は単なる帽子ではなく、人をしあわせにし、日々の生活を慈しみ、感謝を抱くきっかけをつくるものだと気づきました。

 「帽子には心身を支え、ちいさな希望をもたらし、人をしあわせにする力がある」。いただいた気づきを胸に、ひとりひとりのお客様の毎日によりよくフィットする医療用帽子をつくるため、私たちの挑戦がはじまりました。お悩みを抱える方や医療の専門家など、たくさんの方にお話を聞きながらリサーチを重ね、医療用帽子という商品を独自に研究。そうして生まれたのが、NOC認定を満たすオーガニックコットン100%の生地を用いた医療用帽子です。「医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)」は、こうしてスタートしました。

医療用帽子の役割

写真

用途

  • 抗がん剤治療で脱毛した頭皮
  • アトピー性皮膚炎
  • 手術後の頭皮
  • 入院中の冷暖房対策
  • 頭皮の火傷
  • 化学繊維アレルギー
  • 皮膚の病気等

 気になる部分を外面的にカバーするだけではなく、デリケートな頭皮を守り、心地よい毎日をサポートすること。それが医療用帽子の役割です。

 お客様の声のなかで多いお悩みのひとつに、抗がん剤治療による脱毛があります。個人差はありますが、抗がん剤の投与から2~3週間ほどで脱毛がはじまるケースが多く、この時期の頭皮は特に過敏な状態になるのだそう。水分補給がうまくできず、はげしい日焼けをした直後のようなヒリヒリとした痛みを1ヶ月以上にわたって感じる方も多いといいます。

 こうしたときに、ウールや化学繊維等、肌に合わない医療用帽子をかぶると頭皮がチクチクと痛がゆくなり、睡眠中知らず知らずの間に頭皮を掻きむしり、ケロイド状になってしまうことも。その結果、頭皮の状態がより悪化してしまったという声も多く聞かれます。

 ウールや化学繊維等のニット帽子ではなく、専門的な観点からつくられた医療用帽子をつくること。さらに、肌に優しく保湿力に優れた良質な生地にこだわること。それは、お客様やご家族様の日々とこれからを支えるための、私たちの約束でもあります。

医療用帽子がコットン素材であるほうがいい理由

写真

コットン素材の特徴

  • 夏は涼しく、冬はあたたか
  • アイロンなどの熱に強い
  • 静電気が発生しない

 コットン(綿)は、人にやさしさとぬくもりを伝えてくれる数少ない天然素材のひとつです。夏の素材として知られるオーガンジーやサッカー地のようにコットンには、汗を吸収・蒸発させ、気化熱で体を涼しく保つ働きがあります。一方、冬の素材の代表格でもある別珍やコーデュロイは、繊維の中心部に空洞があり、空気の層によって保温性を保つコットンの特性を生かしたもの。さらに水洗いができ、アイロンなどの熱にも強く、静電気が起こりにくいためお手入れも楽々!毎日を支える医療用帽子にぴったりの素材といえるでしょう。

タンドレの医療用帽子はオーガニックコットン100%

 コットンにもいろいろなものがありますが、タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%の生地だけを用いています。しかも、現在の日本ではオーガニックコットンが5%でも含まれていれば「オーガニックコットン商品」と表記できるのが実情ですが、そうしたなかでもタンドレは、オーガニックコットン100%の生地だけを用い、縫い糸やタグにいたるまでオーガニックコットンを使用。

 「お客様の毎日にそっと寄りそうやさしさ基準」という徹底したコンセプトのもと、手がけるタンドレの医療用帽子は、日本で最も基準が厳しいといわれるNOC(日本オーガニックコットン流通機構)認定製品でもあります。

イラスト

オーガニックコットン100%の
医療用帽子をご着用いただく
お客様のご感想

ご家族やご友人からプレゼントでもらった帽子が、一般的なオーガニックコットンや化学繊維等でできたもので、肌に合わずに困っておられるお客様からのご相談

 「家族が贈ってくれた医療用帽子が肌に合わず、かぶると寝つきが悪くなったり、ちょっとしたことでもイライラしてストレスがたまる毎日がつづいていました。そんななか、タンドレの医療用帽子に出会い、かぶってみるとこれまでの帽子の不快感がまったくなく、久しぶりにぐっすり眠れました」と涙ながらに聞かせてくださったお客様。

 「プレゼントやお見舞いでいただいた帽子は、贈ってくれた人の気持ちがありがたく、大切にしたいけどかぶるのはつらい、といって捨てるのも申し訳ない…」そんな気持ちを打ち明けてくださいました。 ※そんな方のために、うまれたのが「他店の帽子引き取りサービス」です。

帽子引き取りサービスについて詳しくはこちら

大手通販の帽子を購入してかぶっていたが、頭が重くなり、肩こりに悩まされる方からのご相談。

 「ガンになり、髪の毛がすべて抜けてしまい、医療用帽子を探していました。大手通販のオーガニックコットン帽子を6枚注文し、かぶっていたら頭が重くなり、肩こりに悩まされるように。

 タンドレのサイトを見つけ、また同じかもしれないと半分諦めモードで頼んでみたらすぐに贈られてきた商品を見てびっくり!これがオーガニックコットンなの!? あの6枚は何だったの?こんなにもかぶっていることを忘れるぐらい軽くて肌ざわりのいい帽子があるなんて!初めからタンドレに頼んでいれば、こんなことにならなかったのにと思いました。

 これから夏も、たぶんまだ毛が生え揃わないと思うので、これからの帽子はすべてお願いします!これからも私たちみたいな人たちに、やすらぐ帽子をお願いします!」

 前述のお客様のように、かぶり心地が合わない医療用帽子を不快に思いつつ、さまざまな理由からガマンしてかぶっておられる患者様はたくさんいらっしゃいます。

 一言で「オーガニックコットン」といってもその質はさまざまですし、ほんの一部にオーガニックコットンを用いているだけでも「オーガニックコットン製品」と名乗れてしまうのが悲しいところです。頭皮にお悩みを抱えるお客様にとって、この違いは大きいもの。タンドレが「本物のオーガニックコットン100%の製品」づくりにこだわるのは、こうしたお客様の声に真摯に応えたいという想いがあればこそです。

ここに写真でご紹介します
左が他社様の医療用帽子、右が当店の医療用帽子

他社様の医療用帽子もオーガニックコットン100%
厚みが違う事が分かると思います

ただ、帽子の製造方法が織り込み方などで厚みが出る様に見えると言うご指摘があると思います
オーガニックコットン100%は厚みがあります

重さで比べてみると、
あれだけの厚みがあり、
織り方が2重になっていると言う事は
生地を多く使っている当社の医療用帽子

しかし、重量は3gしか変わりません
重さも殆ど変わりません
当店のオーガニックコットン100%の医療用帽子は、NOC認定の医療用帽子
同じオーガニックコットン100%でもこれだけ生地が違います

オーガニックコットンとは?開閉

化学肥料・農薬・枯れ葉剤などの劇薬を3年以上使用していない土壌で生産した、有機栽培の綿花のことをいいます。「オーガニックコットン」と表示されていても詳しい説明もなく、見た目では本物かどうか、どれくらいの質のものなのかの区別がつかないものも多く、そうした曖昧な商品が低価格で販売されているのが現状です。また、「オーガニックコットン」と書いてあるだけで、オーガニックコットン100%と思い込んでご購入なさるお客様も多いようです。

 抗がん剤治療による脱毛や、頭皮の手術直後の方、アトピー性皮膚炎にお悩みの方の頭皮などは、火傷したあとの肌にも似ていると言われるほどで、わずかな刺激にも痛みや不快を感じるほどデリケートです。精神的なつらさ、肉体的なつらさを含め、ご本人にしかわからないつらさをやさしく包み込むもの。それこそが本物のオーガニックコットン製品ではないでしょうか。

タンドレの医療用帽子にはすべて、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)認定タグがついています。これは、安心してお使いいただける本物のオーガニックコットン製品であることを示すものです。普段よりもずっとデリケートな頭皮、お肌に直接ふれるものだからこそ、ご購入の際はオーガニックコットンの認定タグがあるかどうかをご確認ください。

NOCコットンタグとNOCグリーンタグについて開閉

NOC(日本オーガニックコットン流通機構)が認めたオーガニックコットン製品を見分けるためのタグには2種類あります。

そのひとつが、「NOCタグ」です。オーガニックコットンの綿花そのものといってもいいくらい、自然環境に近い製品にだけつけられる勲章です。もうひとつの「NOCグリーンタグ」は、二次加工の許容範囲を大幅に広げ、製品のデザインや機能面を向上させてより広く普及させることを目的としてつくられたもの。いずれも、オーガニックコットンに一般綿を混合しないことや、染色にもちいる染料についての規定など、厳しい基準をクリアした製品だけにつけられる認証です。

 タンドレの原点は、長年通い続けてくださるお客様との信頼関係でなりたつ“まちの洋品店”。誠実に、お客様ひとりひとりのご要望に真摯に向き合うことの大切さがDNAとして脈々と受け継がれています。

画像画像

お客様からいただいた声

お客様の声

手紙

 これまでタンドレの帽子をご使用いただいた皆様から、たくさんのお便りをいただきました。タンドレを立ち上げた当初からこれまでに寄せられたお声のなかには、お喜びの声に加え、貴重なご要望やご意見などもいただきました。そのひとつひとつが私にとって宝物です。お客様のお声からヒントをいただき生まれた商品やサービスもたくさんあります。そのお声の一部をご紹介いたします。

生地がとても柔らかくて驚きました 脱毛時にギフトとしてもらい、一番心地よいです 父が「心地よい気分」と言って喜んでいます 3歳の白血病の息子が必ずかぶるようになりました かぶってるんだけど、かぶってないみたいにフワフワ、ホッコリ 天然のオーガニックコットンは洗うたびに柔らかくなる

タンドレ店長松野が推奨する、医療用帽子の選び方

  • 写真
    素材の品質
     毎日肌を包むものだからこそ、素材選びは大切です。おすすめは吸湿性に優れ、手軽に洗える綿素材。残留農薬の心配のないオーガニックコットンが理想ですが、100%オーガニックでないものや、加工法に問題があるケースも。タンドレは日本オーガニックコットン(NOC)認証の商品をお届けしていますのでご安心ください。
  • 写真
    縫製
     睡眠時にも身につける医療用帽子。かぶり心地が悪いと熟睡を妨げ、ストレスで免疫力が低下することもあります。国内工場で熟練職人が手がける帽子は、頭の形の違いも考慮されており、かぶり心地も秀逸です。また、タンドレでは大型の検針器によって入念なチェックを行うなど、事故を未然に防ぐ取り組みも行っています。
  • 写真
    肌触り
     タンドレが契約しているのは、オーガニックコットンを誠実に製品化するメーカーです。工場や職人と連携し、素材の良さを最大限に引き出す縫製・加工を行うことで、肌ざわりのいい医療用帽子を実現しました。かぶり心地や肌ざわりだけでなく、洗練されたデザインにもこだわることで、快適な日々をサポートします。

医療用帽子は親友

写真

 医療用帽子はただの“帽子”ではありません。ファッションとしての役割だけでなく、お客様の毎日に寄り添う親友のような存在であり、サポートする伴走車のような存在です。
 だからこそ、私たちはいつも、タンドレの帽子をお使いいただくお客様おひとりおひとりに笑顔になっていただくことを念頭に置いて、商品・サービスづくりにつとめています。
 そうした取り組みのなかで、思いがけずたくさんのお客様からお喜びや感謝のお言葉をいただいていることに、感謝の気持ちがあふれる毎日です。

これからも、
お客様の日常が少しでもおだやかで快適なものになるよう、
しっかりとサポートさせていただきたいと思います。

お客様からお喜びや感謝のお言葉を頂いた医療用帽子とは

医療用帽子専門店tendreは、完全な新品のみ販売。完全な新品宣言致します

完全新品宣言!

●完全新品宣言って何?
医療用帽子専門店tendreの商品は、帽子職人が1つ1つ手作りで作った逸品で、誰も着用して無い新品の逸品しかお届け致しません!

医療用帽子業界初!
完全新品宣言致します


新品なら、当たりまえじゃ無いと思われると思います
開業当時から一貫して誰かがかぶった医療用帽子は、絶対に販売せず、誰もかぶって無い医療用帽子のみお届けしておりました

新品(しんぴん)とは、生産者の手によって製造され、場合によっては梱包された状態のまま、まだ消費者等の第三者の手に触れられていない(販売されたことのない)工業製品(耐久消費財)を指す。
一度でも、販売され使用された物は、中古品と呼ばれる。販売はされたが、一度も使用されていない物については、新古品と呼ばれることもある。
Wikipediaより


しかし、現実は違いました

●お客様からの嘆きのお電話がありました
その電話は
タンドレさんの帽子は新品と書いてありますが、誰も着用された事が無い医療用帽子ですか?と言うお問い合わせ
お客様
「タンドレさんの帽子は新品と書いてありますが、誰も着用された事が無い医療用帽子ですか?」
と言うお問い合わせでした

タンドレ
「当店の商品は新品で、店頭販売等しておりませんので、誰も着用した事が無い医療用帽子だけをお届けしております」
とお伝えすると

お客様
「インターネットのお店で医療用帽子を購入したのですが、新品と書いてあったのに、細かい髪の毛の様な物が付いて、誰かがかぶった感じがあり、気持ち悪いので返品しました」
と言うお返事でした

詳しくお伺いすると分かったのが、日本最大のインターネットショッピングサイトに出店されている、ところから購入され、どうも返品交換等で戻って来た商品を間違って?送ってしまったらしいです

実は以前からこの様なお悩みは、度々聞いておりました
同業者として恥ずかしい限りで、ココロ苦しいです

●当たり前が、当たり前ではありませんでした
試着されなんだかのご事情で返品で戻って来た商品を他のお客様に、間違いだとしても販売してしまう事は、あってはならない事であり、当たり前の事
デリケートな商品を販売しているプロとして、最低限のマナーだと思います

新品と言いながら、実は使用品(新古品)を販売していたら、いくら繫盛店でもお店の事を信用できますか?

世界最大のモールは返品交換が比較的自由になっております
良くレビューで、他の方が使った形跡がある物が届いたと、家電等は見かけますが、衣料品に関しては観た事が無い
世界最大のモールも衣料品に関しては特に気を使っているのではと思います

同業者として非常に残念です


●返品交換等無いの?
2017年返品交換の理由グラフ
医療用帽子専門店tendreでは、毎年10件から15件位返品交換がございます

グラフを見て頂けると分かると思いますが、返品交換は2017年1年間で12件ございました

1番多かったのが
お客様のご注文間違いの交換5件です
例えば:
2枚のご注文のつもりが、4枚注文されたり
色を間違えてご注文されたり

お客様には、交換商品を早急にお届け致しました

2番目に多いのが
tendreの発送ミスの交換3件です
色を間違って送ったり
商品を間違って送ったり
お客様に大変ご迷惑をお掛け致しまして本当に申し訳ございません

3番目に多いのが
サイズが合わない事で返品された2件です
特に毎年1件から2件あるのが
インナーキャップに対して、通常の医療用帽子と同じだと間違えてご注文され、浅いからかぶれないと言う理由のお客様が1件
普段から大き目のサイズじゃ無いとあわなず、62cmのお帽子をご愛用頂いているお客様が小さいという理由で1件

4番目は
肌さわりが思ったよりも違ったと言う事で返品された1件ありました
お客様が望んでおられた肌さわりはシルクみたいにサラッとした肌さわりを考えておられたみたいで、ご要望にお応えできずに残念なおもいをさせてしまったと後悔しております

5番目は
お客様に商品が届く前に、発送後すぐにご連絡があったのですが、なんだかの理由でご使用される事が無くなったと言う事でキャンセルのご依頼が1件ありました

●返品交換された商品はどうしているの???
全く未使用で、戻って来た商品に関しては
映画・テレビ・雑誌等の撮影用サンプル品として使用しております

ご着用があった物や、ご着用された形跡がある物に関しては、今現在は試着された商品が撮影用サンプルを含めて年間で10枚程度の為、廃棄処分にしております

海外等に寄付古着のリサイクル品としてお届けされている団体もございますが、枚数が少なく、大量に集まるまで待つと何十年かかるか分から無い為に、やむを得ず廃棄処分しております

廃棄処分について
廃棄処分にご抵抗がある方も多いと思います
当店の力が及ばず誠に申し訳ございません
廃棄処分をする事は、お客様に間違って、着用された商品を絶対にお届けしないと言う気持ちがあるので、廃棄処分にしております
帽子職人が手作り1つ1つ作って頂いた逸品を廃棄処分にするのは、こころが痛いです
しかし、新品と言いながら、実は使用品(新古品)を販売していたら、購入されたお店の事を信用できますか?

少量でもリサイクル品として何かお役に立てる情報がございましたら、ご連絡下さい
>>>医療用帽子のリサイクル品の情報お待ちしております

●完全な新品宣言を致します!!!
医療用帽子専門店tendreでは、帽子職人手作りの逸品を、誰もかぶって無い状態で、お客様にお届け致します


試着等があっても新品として、販売している同業者がいた
とても、こころ苦しいです

お客様に、安心して、安全な医療用帽子をかぶって頂く事だけを考えお届けしている事を、伝えたいと言う事で

医療用帽子専門店tendreは全責任もって、第三者が一度もご使用されて無い事を保証するすべて完全な新品です

医療用帽子業界初!


完全な新品宣言致します



●サロン的なスペースで、試着販売を何故しないのか?
それは医療用帽子と言う、デリケートな商品を扱っている為、店頭で試着された物を他の方に販売する事に、今でも葛藤と抵抗があります

サロン的にお話など聞いて試着して頂き、気に入った物を購入して頂く事が一番理想です
僕がお客様の立場だと知らない方が、かぶった帽子を購入するのはやはり抵抗があります
特に医療用帽子と言うデリケートな商品に対しては、人が試着した物をそのままかぶらず、絶対に購入後は洗濯をしてかぶりたくなります
それでは新品の意味が無いと思います

試着用サンプル品を、かぶって頂くのはどうか?
何人もの方が試着でかぶられた帽子は、やはり傷んでいたり・頭皮などの臭いがある場合もあり、それをかぶって頂く事に、どうしても抵抗があります


特に医療用帽子専門店tendreでは、肌さわりを重視して制作しておりますので、試着品でも誰もかぶってない新品の肌さわりを感じが伝わらないと意味無いと考えております

オーガニックコットンの医療用帽子とは

医療用帽子選び方

オーガニックコットンの医療用帽子とは

病気療養中の方やケガや化学繊維アレルギーや、治療などさまざまな理由で発疹や頭皮にかゆみ等でお悩みをお持ちの方のためにつくられた医療用帽子を、更に肌さわりを重視しオーガニックコットン100%の生地のみを使用し作られた、肌さわりに特化した帽子の事

●快適な肌さわりの為、医療用帽子にとって素材選びは大切

夏の熱い時に薄い生地のナイロン素材等を使用した帽子は見た目が清涼感があるが、冷房のきいたお部屋で汗をかき湿った脱毛した頭皮は逆に寒さを感じ、抵抗力が少なくなった治療中だと風邪をひく恐れがある

冬物のニット帽子は、一般的にアクリル等の化学繊維やウール羊毛等の繊維が多く、チクチクしたりかゆみが出たり敏感肌の頭皮を刺激する

寝汗などを吸収し、洗濯も手洗いで出来る綿素材が最適

綿素材でも通常の綿(コットン)製品より柔らかい肌さわりのオーガニックコットンの製品を推奨

 ●オーガニックコットン製品全てが肌さわりが良いわけではありません!
※オーガニックコットンだからと言って、販売されている全てのオーガニックコットンを使った帽子が医療用帽子として最適な生地を使っているかは定かではありません
色々なお店でオーガニックコットンを使った製品を販売されていますが、綿花生産全体で1%も無い生産量のオーガニックコットン綿花の製品がここ迄多く製品化されるはずもないのです

良くあるのがカタログ・ホームページ等に何処何処の認定や認証を受けた生地を使っていますと書かれてあり、実際に商品を購入すると全くオーガニックコットン認定タグや認証タグが付いていない製品が多いのが現実。

認定タグや認証タグが購入した商品に付いていない商品とは「鑑定書の無いダイヤモンド」と同じ

NOC認定タグ 医療用帽子の包装

>>帽子は、頭をおおうだけのものではないんですね・・・。
「脱毛」をするというのは、体験してみなければわからない事だらけで・・・。

NOC認定タグ

このNOC認定タグは10項目に及ぶ厳しい審査基準をクリアした
オーガニックコットン製品にのみ
与えられるタグです

NOC認定グリーンタグ

このNOCグリーン認定タグは5項目に及ぶ厳しい審査基準をクリアした
オーガニックコットン製品にのみ
与えられるタグです

●オーガニックコットン綿花生産状況

オーガニックコットン生産状況

図のようにオーガニックコットンは1%も生産されておらず色々なオーガニックコットンが出回っているのです

オーガニックコットン綿花生産方法

オーガニックコットン製品には色々な製造方法によって製品の品質が違います

●オーガニックコットン製品の違い

医療用帽子選び方

例えば羽毛布団を想像して下さい
上質な羽毛になればなるほど同じ重量でもふわっとした感じが違います

フワッとした肌さわりで頭皮を守ってくれるニットの医療用帽子をおすすめします

オーガニックコットンは洗濯すればオーガニックでは無くなるから普通の綿花(コットン)でも同じですよと、思われている方がおられますが、オーガニックコットンと普通の綿花(コットン)では肌触りが違います。

通常の綿花と混ぜ物したオーガニックコットンは除外ですが、オーガニックコットン100%は柔らかさが違います

生地を傷めないために洗濯も当店は手洗いで石鹸洗剤等の界面活性剤等の入っていない洗剤を使うようにお願い致します

通常の綿花とオーガニックコットンは洗濯すれば変わらないと言うのは違うと思います

帽子職人手作りの医療用帽子とは

医療用帽子の製造方法

帽子職人手作りの医療用帽子とは

帽子職人は、帽子だけを専門に、日本人の頭の形や癖を知り尽くし、かぶり心地の良い帽子を、1つ1つ丁寧な手作業で作るプロフェッショナル。帽子のプロフェッショナルだからこそわかる、優しいかぶり心地を追求したのが、帽子職人手作りの医療用帽子

●帽子のかぶり心地は縫製工場で決まります


●日本人の頭の形の癖を知り尽くした帽子職人が作る手作りの医療用帽子

▼欧米人の頭の形は楕円(ラグビーボール)
▼日本人の頭の形は円形(サッカーボール)

日本人の頭の癖を知り尽くした帽子職人が作る医療用帽子は、ただ単に生地を縫い合わせただけの帽子では無く、かぶり心地が良い

近年、帽子の専門的な知識を持たない工場で製造された帽子が多く出回っている


>>「夜もかぶったままでもしんどくない!!」

●医療用帽子は適切な検針機が最後に頭皮を守ります
いくら帽子職人が手作りで丁寧に作っていても、針の先端が折れた場合大事故になります
そんな時に最後は大型検針機で帽子を安全に守ります

▼小型検針機で検針しても完全には検針出来ません
大型検針機
どこの縫製工場でも必ず検針機はありますが、残念ながら殆どの工場が小型検針機で検針をおこなっているみたいです

どうしても帽子の専門的知識を持った工場でなく、洋服の専門的工場だったり
ご家庭で、内職的に縫製をし作っていたりする場合
大型検針機を持っていない場合が多いです

大型検針機が無いと

万が一お客様の購入された帽子の中に、

針の先端が混入した場合

素敵な帽子も
頭皮に刺さり事故になります


そんな事にならない様に頭皮を守るのが

ベルトコンベア式の大型検針機です


ご検討されているお店様が安心安全なかぶり心地をご提案出来る、大型検針機を使って検針されているか?を確認されることをオススメします


帽子を専門的に作っている工場だと、帽子独特な頭部の癖などを的確に修正しかぶり心地が不快感が出ないように工夫がされています

帽子の大きさで黄金比率等もあるのです!
プロならではの技です

その分野ので長年培ったプロの技があり安心し、安全にかぶれるニットの医療用帽子が出来るのです


洋服は洋服専用の工場で作られている洋服が一番着やすいです
帽子専用の工場で作られた洋服は見た目は洋服だけど着心地は保証できません

見た目だけの帽子ではかぶり心地が保証できません

その分野のプロの巧みな技術は専門家で無いと残念ながら分からない部分があるのです

帽子専用の工場だけで作られた安心安全な縫製をおすすめします

ご購入をご検討されている帽子は

安心して安全にでかぶれますか?

帽子縫製

▼大型自動コンベア検針機を使用しないと検針完了とは言いがたいです

敏感肌の頭皮に肌さわりの良い医療用帽子とは

医療用帽子選び方

敏感肌の頭皮に肌さわりの良い医療用帽子とは

医療用帽子(ケア帽子)とは、病気療養中の方やケガや化学繊維アレルギーや、治療などさまざまな理由で発疹や頭皮にかゆみ等でお悩みをお持ちの方のためにつくられた帽子。抗がん剤治療中、敏感肌になり、頭皮も敏感肌になる為、湿疹やかぶれ等が出る場合がある。そんな敏感肌の頭皮を守るには、肌さわりの柔らかい帽子が必要である。

肌さわりこれが不快感があると医療用帽子ではありません

素材の良さを最大限に引き出すため確かな帽子専用の工場で作られた製品は肌さわりが良い

デザインもいかにも医療用帽子と言う様な水泳キャップみたいな物でなく、普通に帽子屋さんに販売してあるようなデザインの帽子をかぶると、肌さわりと一緒に楽しさも出て治療に頑張れる意欲がわきます

コットン(綿)は白いが常識みたいですが、数千年もさかのぼるとコットン(綿)の原種は茶色だったのです。
しかし染色するには薄い色の方が都合がよく、白く白くと品種改良され、茶綿は廃棄されて、やがて消えてゆきました。
ところがオーガニックコットンが知られるようになると、同時に染色せず色柄が楽しめると言う環境保護の価値観のもと復活しました。
茶綿には生まれつき紫外線を防ぐ力があり、天然のUVケアー素材として、ご愛用頂いています

オーガニックコットンを真面目に製品化しているメーカーは白いオーガニックコットン以外に茶綿のオーガニックコットン緑綿のオーガニックコットンの製品があります

茶綿のオーガニックコットン緑綿のオーガニックコットンも全く染色しない自然な色なので人工的な色合いで無いので目にも心にも優しいですよ

カラーコットン

自然の恵みで作られた製品は最高に素敵な肌さわりをもたらしてくれます

肌さわりにはやはり染色をしない方が頭皮には良いです

tendreタンドレはお客様のお気持ちを大切にしお客様が望む商品をご提案し、お客様に愛用される事だと思います

迷われている時は必ず医療用帽子を販売されている販売店様に下記の事をお尋ねください

医療用帽子チェックポイント

医療用帽子がオーガニックコットンであるべき理由

医療用帽子がオーガニックコットン(綿)であるべき理由

木綿栽培の最古の証拠はメキシコで見つかっており、約8000年前
日本へは799年(延暦18年)三河国(愛知県西尾市天竹町)に漂着した崑崙人(現在のインド?)によってもたらされ栽培が開始された

明治以降、政策により綿布の生産が強化されたこともあり、1930年代には綿布の輸出量が世界一
今では考えられませんが、和綿はいたるところで栽培されていたんです
現在日本の綿花生産は統計上、国内自給率0%近い状態です

100%綿花は輸入に頼っています

自然の恵みからつくられた綿。綿には天然繊維ならではの「やさしさ」があります。


【綿の特徴】


●夏は涼しく、冬、暖かい
 夏涼しいのは
綿は体温と外気の差があると、身体から出る汗を吸い取ってくれる性質があり、気化熱を奪って表面温度を低く感じます
代表的な夏の綿素材:オーガンジー・サッカー等
 冬暖かいのは
綿の繊維は中心部に空洞があり、暖められた空気の熱を逃しません
重ね着して厚みをもたせると空気の層が何重にも出来、保温性を保ちます
代表的な冬の綿素材:別珍・コーデュロイ等

●他の繊維に比べると、洗濯に強い
麻・絹(シルク)・羊毛(ウール)を洗濯機でガンガン洗うことは無いと思います
化学繊維は混紡率によって洗濯はドライクリーニングのみと言う場合もあります
綿製品は水洗いでガンガン洗えます

●アイロンなどの、熱に強い
化学繊維をアイロンすると熱で溶けてしまう場合もございます
絹(シルク)・羊毛(ウール)も高温でアイロンをすると生地を痛める原因になります
綿製品はアイロンでピシっとシワ等を伸ばし、気持よく使えます

●静電気を起こさない
化学繊維は、静電気が起こる可能性が高いです
自然素材でも、羊毛は静電気が起こる可能性があります

あのバチッとした痛さ、生地が身体にまとわりついて離れない不快感
静電気はお肌にも大敵です

寒い冬に静電気が起こります
暖かいお洋服をと思った時、静電気が起こらず、暖かい素材は綿製品
>>敏感肌の大敵、静電気について

●染色性や発色性に優れている
他の繊維に比べて染色しやすく、発色が良いです


【綿は太陽の恵みをもらい、気持ちがいい】

天気のいい日に布団を干すと・・
ふっくらふかふか、しかも太陽の香り

今でも取り込んだ干されたお布団に、飛び込んでしまいます
気持ちが良いです

早く夜になって寝れないかな!!!
ワクワクしながら晩御飯と頂き、お風呂に入って時間を過ごします


綿は、人に気持ちのやさしさや温もりを伝える数少ない天然素材アイテム

【だから医療用帽子は綿素材(オーガニックコットン)が最適です】

医療用帽子は敏感肌の頭皮を守る為の帽子です
柔らかさが重要になります

綿の特徴を活かし、優しい肌さわりは
オーガニックコットンです

オーガニックコットンは
通常の綿素材と違う優しい肌触りは、コットン独特の羽毛感を残し、綿本来が持っている油脂分(綿実油)があります
特に染色しない無染色のオーガニックコットンは、漂白剤を使って無理に色を落とさないので、肌さわりが違います

>>オーガニックコットンについて

お問合せ・ご注文はこちら 096-325-2133 受付時間9:00~18:00 PCでのお問合せはこちらから

ページトップへ