tendre タンドレ

メール便送料無料/年中無休/即日発送/カード決済コンビニ払

タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。
お客様の声紹介
復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス
オンラインカタログはこちら
お手紙帽子
タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。 お客様の声紹介 復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス オンラインカタログはこちら お手紙帽子

只今のご注文は2019年7月18日【木曜日】に発送致します 年中無休で発送の理由 災害で破損・汚れ等の医療用帽子は無料交換致します


がんと告知されたら情報を集めましょう

がんと告知されたら信頼出来る情報を集めましょう

がんと告知されたら患者様だけでなく、周りの人々がショックで不安に思われると思います
特に初めてでどうしたらいいのか分からず、パニックになられてtendre(タンドレ)に医療用帽子のご注文がある方も多いです

どんな時でも情報を知っているか知らないかで、取り組み方が変わってきます

不安なお気持ちを解消する為にも、信頼出来る情報収集をしましょう

>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

がん支援センター等で情報を集めましょう

がん支援センター等で情報を集めましょう

●がん支援センターについて
「がん支援センター」と言う癌についてのご相談窓口が全国にあります

どなたでも質の高いがんの医療が受けられるように、厚生労働大臣が指定した施設で「がん支援センター」は、患者さんや家族などが無料で利用できますが、その存在はあまり知られていないのが現実みたいです

●がん支援センターはどの様な相談が出来るの?
がん支援センターでは色々な事が相談できます
がんについて ・がんの疑いがあるといわれた
・医師の説明を受けたが良くわからなかった
治療や検査の事 ・どの様な検査をし、治療をするのか?
・セカンドオピニオンついて
・治療後の妊娠について
・先進医療や臨床試験について
・緩和ケアについて
療養生活の過ごし方 ・自宅療養について
・副作用・合併症等について
・治療しながら仕事は出来るのか?
経済的な問題 ・活用できる助成サービスを知りたい
・介護保険について
・民間保険の保険金請求方法について
心の事 ・再発への不安な気持ちがある
・誰かに不安な気持ちを聞いて欲しい
・患者会に参加してみたい
家族の事 ・患者様本人に対しての告知をどうしたらいいのか?
・患者様本人が治療を拒否している
・自宅療養を支える事が出来るのか不安
悩んでいる事 ・医師とコミュニケーションが取れない
・何を聞けばわからない

こんな相談も出来ますよ
患者様・ご家族様のお食事に対する相談
抗がん剤の副作用で食欲がなくなったり、味覚障害が起こったりする患者さんに、家族からなにを食べさせればいいか?
「治療の影響で患者さん自身は食べられない状態なのに、家族は食べさせたい」
等など

色々な副作用で治療後のライフスタイルに対する影響
 抗がん剤の治療の副作用で、手先を使う仕事や趣味を大切にされている方で、手にしびれが起こるような抗がん剤は避けたい場合、治療法があるのか?

色々な副作用が気になられる場合は相談して、治療後のライフスタイルをお伝えすると、影響が出にくい抗がん剤治療を勧めてくれる事も出来るみたいです

患者様やご家族様の抗がん剤治療を不安なお気持ちで過ごさせない様にアドバイス
がん患者様・「ご家族様は抗がん剤治療や生活でかかえている不安などについて話す場が少なく、がん相談は予約をし、1時間程度ゆっくりと話が出来ます


担当医師や看護師さんに直接お話ししたくても、忙しかったりしてなかなか話せず、不安だけが心に残って治療に専念出来ない場合もあると思います
そんな時、癌支援センターで相談されると良いですよ


●がん支援センターで相談して、かかりつけ医師にバレないのかな?
がん支援センターで相談された内容が、同意なしに他者に知られる事は無いみたいです。
また、匿名でのご相談も出来るみたいです。
「相談をすると、担当医の先生がよく思わないのでは」と心配される方もおられると思います
僕も入院した時かかりつけの医師に相談せず、別な病院で診察や治療をして頂いた時、担当医に申し訳ないなぁと言う気持ちがありましたが、根治する事がかかりつけの医師にとっても最善の事ですので、不安に思わず相談される方が良いと思います

●がん支援センターの探し方
全国のがん相談支援センターについては、国立がん研究センターのホームページにある「がん相談支援センターを探す」をご参照ください。
がんの種類や都道府県などを選択し、病院の検索や情報をご覧いただけます。
>>>がん相談支援センターを探す

また、お電話で相談できる「がん情報サービスサポートセンター」もありますよ。
<電話番号>
0570-02-3410(ナビダイヤル)
03-6706-7797
<受付時間>
平日10時~15時(土日・祝日を除く)
※相談は無料ですが、通話料は発信者のご負担です。また、一部のIP電話からはご利用いただけません。ナビダイヤルでは、全国各地より一律の通話料にてご利用いただけます。通話料の目安は、自動音声でご案内します。
>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

癌になった場合インターネットやSNS等で情報を集める事が出来る世の中になっております。
しかし癌と言っても「癌」「がん」「キャンサー」「抗癌剤」「抗がん剤」等など、どの様に調べていいのか分からず、余分な情報が出過ぎて時間ばかりかかり逆に焦ってしまい、ストレスと不安に感じる事がありますよね

そんな時有効な手段として、属性型(組織種別型)JPドメイン名を付けて検索されると、特定の情報だけ見る事が出来ます

例えば、全国の大学病院や医科大学が出している子宮癌の事だけを知りたい時は
子宮癌 site:ac.jp
>>> 子宮癌 site:ac.jp

と検索すると子宮癌に関する医科大学や医科大学病院等の情報しか出てきません

調べたいキーワードにsite:ac.jpを付けて検索するだけで余分な情報が出ないので、調べる時のストレスも無くなりますよ

その他にsite:go.jp(政府機関)site:lg.jp(地方自治体)の情報のみ調べる事も出来ます
site:ac.jp (a)学校教育法および他の法律の規定による次の組織
学校(ED.JPドメイン名の登録資格の(a)に該当するものを除く)
大学共同利用機関
大学校、短期大学校
障害者職業能力開発校、職業能力開発促進センター、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校
(b)学校法人、職業訓練法人、国立大学法人、大学共同利用機関法人、公立大学法人
site:go.jp 日本国の政府機関、各省庁所轄研究所、独立行政法人、特殊法人(特殊会社を除く)
site:lg.jp (a)地方自治法に定める地方公共団体のうち、普通地方公共団体、特別区、一部事務組合および広域連合等
(b) (a)が行う行政サービスで、地方公共団体情報システム機構が認定したもの

100%信頼できる情報とは言えませんが、少なくともインターネットで調べるにあたり、不安やストレスが少なく情報収集が出来る検索方法だと思います

>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

乳がんの手術をされた患者様に教えて頂いた事なんですが

乳がんの手術後、まだ傷の痛み等があって、人混みで人がぶつかって来て、激痛でその場でうずくまってしまう状態
それ以降正面から来られる人々が傷口に当たって来ないか、怖くて外出は病気の通院のみに限定

そんな時、病院で三角巾を付けて歩く男性を見た時、その男性を避けて人々は通っている
早速病院で三角巾を付けてもらい、人混み歩いてみると、人々が避けて通ってくれた三角巾を付けて歩く事が出来た

この三角巾を付けて歩くアイデアで、安心して外出が出来る様になった事を、聞きました

特に私鉄沿線があるエリアに住んでる方は、電車で身体が当たって痛い思いされている事があるかと思います
人混みを歩行する時、混雑している公共交通機関を利用する時には、三角巾を付けて歩行されるのは、良い手段だと思います
乳がんの手術後を経験された全ての患者様に、適している事では無いかも知れませんが、大げさかも知れませんが三角巾を付けて歩く事で、歩行者に対しての警戒心を持ってもらえるので、1つの良いアイデアでは無いかと思います

適切な三角巾の付け方をしないと、腕が痛くなりますので、三角巾の付け方を病院等で教えて頂くと良いかもです

三角巾も2つ巻き方があるみたいです

脇から巻く方が首が痛く無く良いかもです

>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

かかりつけの医師・紹介された病院での担当医師が、どの様な事が専門なのか?不安な気持ちになった時、専門医の資格等を調べるのに、各認定機関のホームページにて、お調べする事が出来ます
医師のプロフィール・学会活動・資格等記載されており、医師がどの様な専門で得意分野かがわかると思います


専門医の名称 認定機関 説明
外科専門医 日本外科学会 外科手術全般
内科専門医 日本内科学会 内科診療全般
呼吸器外科専門医 日本呼吸器外科学会 肺がんの外科治療
消化器病専門医 日本消化器病学会 胃・大腸・食道がんの診療全般
消化器内視鏡専門医 日本消化器内視鏡学会 胃・大腸・食道がんの内視鏡診断・治療
消化器外科専門医 日本消化器外科学会 胃・大腸・食道・肝臓がんの外科治療
乳腺専門医 日本乳癌学会 乳がんの治療全般
婦人科腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会 子宮・卵巣がんの診療全般
泌尿器科専門医 日本泌尿器科学会 前立腺・膀胱・腎臓がんの診療全般
がん治療認定医 日本がん治療認定医機構 抗がん剤治療
がん薬物療法専門医 日本臨床腫瘍学会 抗がん剤治療
放射線科専門医 日本医学放射線学会 放射線治療・診断
放射線治療専門医 日本放射線腫瘍学会 放射線治療
病理専門医 日本病理学会 病理診断
麻酔科専門医 日本麻酔科学会 麻酔業務

ご参考にして下さい


>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

がん治療行う前に、以下の4点を考え、医師にも伝え治療を行うと良いですよ
医師も患者様の御意思を尊重し治療方法を提示されます

癌と付き合って立ち向かうには、その思いを具体的に医師に提示し、治療の方法が提案されると思います。
そうする事で前向きに治療に取り組む事が出来ますよ


1、どんな風に毎日を過ごしたいですか?

2、仕事は続けたいですか?

3、家族とはどの様に付き合っていきたいですか?

4、何かやりたいと思っている事はありますか?




>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

がん治療中、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

ペットが我が家にいると
●ストレス解消してくれて癒してくれる
●免疫力アップに大切な笑顔になれる
●気分がが紛れ、病気の事をのことを忘れることができる
●面倒をみることで生きがいが出来る
●一緒に遊んだり散歩をすることによって、外出するきっかけと、適度な運動になる

ペットが我が家いると言う事は、家族の一員
家族を守る大切さと、家族と接する楽しさでQOL(生活の質)が高まりますよ

犬や猫だけでなく、金魚や小鳥とかもとても癒されます
我が家には金魚と手乗り文鳥がいますが、毎日出会うのが楽しみで癒されます

治療中ペットのデメリット
治療中はペットはデメリットもあります
治療中は免疫力が低下している為に、感染症を引き起こす事になるかもしれません

最低限ペットのゲージや水槽や鳥かご等清潔感を保つ

 ・ワクチンは必ず接種
 ・ノミ、ダニ、寄生虫などの駆除と予防
 ・定期的な爪切り
 ・獣医による定期的な健康診断
 ・一緒に寝ない
 ・顔をなめさせたり、キスをしたりしない
 ・自分の食器や箸、スプーンから直接食べさせない
 ・口移しで食べものを与えない

顔を舐めさせないと言うのが犬を飼っておられる方には一番辛いかも・・・
抱っこしたりしたら舐めてきますよね

猫とあまりじゃれ合うと、爪が怖いですよね


主治医の先生と相談の上、

ペットとの生活プランを

考えられると良いですよ




>>>がん支援センター等で情報を集めましょう

>>>『癌』の組織種別情報をネット検索する際に有効な方法

>>>乳がんの手術後に人が多い場所を歩行される時は三角巾を

>>>担当医師の専門分野やプロフィールはどうやって調べるのか?

>>>がん治療を受ける前に考えておきたい大切な事

>>>抗がん剤治療、ペットとの接し方と、治療中だからこそペットの大切さ

お問合せ・ご注文はこちら 096-325-2133 受付時間9:00~18:00 PCでのお問合せはこちらから

ページトップへ