医療用帽子専門店tendreタンドレ


オーガニックコットン茶綿の紫外線カット効果について

茶綿の効果・UV(紫外線)カットについて

UV効果について

オーガニックコットン UV

オーガニックコットンの茶色い綿花はUV(紫外線)効果が高いです

元々綿花は茶綿のみでした、しかし人間が衣服などに使いやすいように白く品種改良を続け今のような白い綿花が生産されるようになりました

綿花の原種・茶色の綿花の存在が全世界でも1部の方々のみで生産され愛用される綿花となってしまっていました

茶綿は何故紫外線に強いのか?
綿花が育つのに良い条件は、長く強い陽射しを受けることです。

綿花はとても弱い作物で特に太陽の有害紫外線に弱く紫外線から守るために茶色の綿花になったと言われています

人体に有害とされる紫外線波長280~350nmをどれだけカット出来るか検査したところ、茶色の綿でUV(紫外線)カット95%もありました

通常の白い綿のUV(紫外線)カット率は80%程度ですので、オーガニックコットンの茶綿は科学的にUV処理を施すことなく高いUV(紫外線)効果があると言えます。

人工的・化学的な処理をしていないので何回洗濯しても、何年経っても持って生まれた性質なので、紫外線カット率の効果が落ちる事はありません。

化学処理に頼ることなく高いUV(紫外線)カット効果が得られますので、お肌の敏感な方や化学物質にアレルギー傾向のある方には特にお薦めです。

茶綿は肌に優しくてUV(紫外線)効果もあって色も素敵です

オーガニックコットンを販売しているメーカーやお店で茶綿のオーガニックコットン製品をお確かめください

茶色の綿花写真

ページトップへ