tendre タンドレ

メール便送料無料/年中無休/即日発送/カード決済コンビニ払

タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。
お客様の声紹介
他店の帽子引き取りサービス始めました。
オンラインカタログはこちら
お手紙帽子
タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。 お客様の声紹介 他店の帽子引き取りサービス始めました。 オンラインカタログはこちら お手紙帽子

>>只今のご注文は2018年4月19日【木曜日】発送致します >>年中無休の理由 >>熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞申し上げます


高齢者の熱中症対策


高齢者の熱中症対策

熱中症は身体の体温調節機能が麻痺し、体内に熱がこもり循環器、筋肉や脳神経、腎臓などに障害が起き、危険性もあります

高齢者が熱中症になりやすい原因は?
大きく分けて原因は3つみたいです


(1)体温調節能力の低下による熱中症
 汗によって体温を下げる作用があるが、加齢にともない汗が出にくくなる傾向にあるみたいです
高齢者によっては数日間、風呂に入らない人もおられて、皮脂や汚れが体の表面を覆い皮膚の上に膜を貼ったような感じになり、汗をかきにくく熱が体内にこもる傾向があるみたいです


(2)水分の摂取量が少ない事で起こる熱中症
通常、水分が体に不足すると脳が水分補給の指令を出すが、高齢者はこの働きが弱いみたいです。
「のどの渇き・脈が早くなる・立ちくらみ・はきけ・血圧低下」などの脱水症状の症状が現れても、
「持病のせい」「いつもの状態」と軽視してしまい気付くのが遅れ、
夜間の頻尿や尿漏れの心配から、水分摂取を我慢する方も多いですが非常に危険みたいです。


(3)水分が出てしまう事で起こる熱中症
体が脱水症状になると「水分を体外に排出しないように」と尿が濃くなるが、高齢者になると腎臓の働きも弱っているので、尿濃度はあまり濃くならず水分が排出されてしまうみたいです
汗が出たり、のどの渇きを覚えたら赤信号で、自覚症状が無いまま倒れることもあるので注意が必要みたいです
高齢者になると35℃台の低体温なので、若い人が ほおやおでこに触れて同じ体温ならそれは微熱状態になるみたいです


熱中症の対策

定期的に水分補給をし、お昼間の日差しの強いお時間はなるべく外出をさけ、外出時にはUVカットの帽子を被り、なるべく冷房(クーラー)で体内に熱をこもらせない様にし、お風呂に毎日入り、トイレの後は水分補給をする事が熱中症にならない対策みたいです

室内で熱中症になられる方も多いみたいで、室内で汗ばんだ感じがした時は扇風機や冷房をつけ体内にある熱を放出して下さい

室内だから大丈夫ではないですよ

エクリュ

抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

お問合せ・ご注文はこちら 096-325-2133 受付時間11:00〜19:00 PCでのお問合せはこちらから

ページトップへ