tendre タンドレ

メール便送料無料/年中無休/即日発送/カード決済コンビニ払

タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。
お客様の声紹介
復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス
オンラインカタログはこちら
お手紙帽子
タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。 お客様の声紹介 復興支援「できるしこ」医療用帽子無料交換サービス オンラインカタログはこちら お手紙帽子

只今のご注文は2019年10月20日【日曜日】に発送致します 年中無休で発送の理由 災害で破損・汚れ等の医療用帽子は無料交換致します

キャッシュレス・消費者還元事業
キャッシュレス・消費者還元事業について詳しくはこちら


紫外線との付き合い方


紫外線との付き合い方


紫外線の強い時間帯をなるべく避けて外出をする

紫外線の弱い時間帯は早朝や夕方みたいです
紫外線の強い時間帯は10時から15時みたいです
病院などに行かれる時どうしてもこの時間帯を外すのは無理な場合は
日陰を探して行かれると軽減されます
日陰と直射では約50%程紫外線が違うとも言われております
木陰等探しながら行かれると良いですよ

UVクリームも有効みたいです
ただクリームはお肌に合わないなどございますのでかかりつけのお医者様にご相談される事をお勧め致します

クリーム等付けずに紫外線から守るにはやはり、帽子とUVカットされているお洋服を着られるのが一番良いみたいです

帽子のつば角度が地面に対して平行の角度であれば、つば付き帽子は顔に当たるUVが軽減するみたいです
なるべくつば付きの帽子を外出される時はおすすめします
オーガニックコットンの茶綿は紫外線カット95%でUVカット加工など化学薬品を使用していないので安心して被れます
お洋服はなるべく長袖もしくは7部袖が良いと言われています


夏には茶綿のオーガニックコットン医療用帽子をおすすめしています

エクリュ

抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

UVカットの素材とはどの様な物


UVカットの素材とはどの様な物


「UVカット」と書かれている製品とても多く迷ってしまいます
僕もUVカットって表示されているだけで夏に安心なんだと思ってしまう方です

UVカットの製品には2種類あるみたいなんです

UVカット加工製品UVカット素材

UVカット加工製品は、紫外線吸収剤を染料で染色したり、製品に吹き付けたりする事でUVカットになるみたいです

後で吹き付けられた製品はどうしても洗濯等繰り返す事に効果が落ちてしまう可能性があるみたいです

UVカット素材は繊維事態がカーボンやセラミック、チタンなどの無機物質を繊維製造時に織り込んで素材にするみたいです

UVカット効果はUVカット加工製品よりも低減はないみたいです

当店の販売している茶綿のオーガニックコットンはUVカットは100%ではありませんが95%あります
帽子をかぶっていれば日除けになりますが基本はUVカット率は綿は弱いです
しかし茶綿のオーガニックコットンだけは茶綿の特徴でUVカット95%です

夏には茶綿のオーガニックコットン医療用帽子をおすすめしています

エクリュ

抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

太陽の光の効果と紫外線の影響


太陽の光の効果と紫外線の影響

太陽の日差しは生活する上で欠かせないです
しかし太陽の日差しは色々な事が身体に影響します

太陽の日差しの効果

生態リズムの調整し、胃腸の動きを快調に、気分の爽快感もありますし、暖かさで血行をよくし、神経・筋肉の緊張をほぐす役割を身体に行い
植物には光合成や花や果実の色素合成をします
また殺菌やビタミンDの生成・カルシウムの吸収促進・新陳代謝の促進等も行い
生命に欠かせない太陽光です

そんな生命に欠かせない太陽光(紫外線)も悪影響があります
熱中症を起こしたり、皮膚等の日焼けを引き起こし、DNA損傷・皮膚がん・光老化(しみやしわなど)を引き起こし、角膜炎や白内障を誘発になりやすくなると言われています

特に紫外線で怖いのは免疫力の低下と言われています
抗がん剤治療で免疫力の低下している身体に紫外線を受けてしまうと、身体に良くないと言われています

特に外出される時は紫外線カット95%のオーガニックコットン茶綿の帽子をおすすめしています
茶綿の帽子は人工的に茶色に染色した物ではなく茶色の綿花そのものの色で、とても綺麗です

エクリュ

抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

紫外線の目に対する影響


紫外線の目に対する影響

紫外線も強まる暑い夏、日傘や帽子や日焼け止めクリームでのお肌の対策で手ばなせないです。
紫外線が皮膚がんのリスクを高めることは広く知られていますが、実は他にも健康に悪影響を及ぼすことが分かっているのです。

実は目に対する紫外線の対策はほとんどされておらず目の日焼けが老眼や失明の原因になるらしいのです
目に紫外線を浴びることによって、角膜炎や白内障 などの病気になってしまう高いらしいのです。
目への紫外線の影響は冬でも朝夕も紫外線が大きいため、季節や時間に関わらず紫外線対策が必要となってきます。



■目の日焼けについて

1年の中で、一番紫外線が多い季節が8月です。
皮膚へのケアはもちろん、サングラスのようなUVケア機能のメガネをすると、正面から目に入ってくる紫外線は99%カットできます。

しかし、このようなメガネをしていても、紫外線はレンズ裏面から反射して目に入ってくるみたいで、レンズの上下や左右、後ろから反射して入ってくる紫外線までは防げていないので、対策しているつもりでも、実は目は紫外線による多少なりともダメージを受けていると言われています。

知らない間に目から入ってきている紫外線。
若い時から多く浴びていると白内障になりやすいとも言われており、早いうちにしっかりと予防することが大切みたいです。


■目のUVケア対策
メガネレンズもSPFで選ぶと良いみたいです

『UV Wプロテクトレンズ』は、紫外線防止効果を示す国際的新指標の「E‐SPF」の認証を受けていいるみたいで、レンズをかけていない時に比べ、約25倍の紫外線防止効果があるみたいで、最大1/10にまでレンズ裏面の紫外線反射率をカットすることが出来るみたいです。

紫外線は晴れていても、曇っていても、家の中でも様々なところから降り注いでいます。
さらに、反射して、色々な方向から、身体の至る所にダメージを与えてきます。
つい忘れがちな目の紫外線予防。UV Wプロテクトレンズ等を使って、しっかりと目のケアをした方がいいみたいです


太陽とうまくお付き合いすればとっても快適な生活になります

エクリュ

抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

お問合せ・ご注文はこちら 096-325-2133 受付時間9:00~18:00 PCでのお問合せはこちらから

ページトップへ