tendre タンドレ

メール便送料無料/年中無休/即日発送/カード決済コンビニ払

タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。
お客様の声紹介
他店の帽子引き取りサービス始めました。
オンラインカタログはこちら
お手紙帽子
タンドレの医療用帽子は、オーガニックコットン100%です。 お客様の声紹介 他店の帽子引き取りサービス始めました。 オンラインカタログはこちら お手紙帽子

>>只今のご注文は7月20日【木曜日】発送致します >>年中無休の理由 >>熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞申し上げます


医療用帽子・ウィッグのメリットとデメリットについて

フルウィッグ・髪の毛帽子・医療用帽子のメリット&デメリットについて

エクリュ



髪の毛付帽子  フルウィッグ  医療用帽子 
メリット  蒸れにくく、かぶりやすい
お手入れが簡単
髪の毛のように、色々と楽しめる パッとかぶれる
頭皮に対する刺激が無い
デメリット ご使用時に必ず帽子は必要

帽子を常にかぶれない場所(レストラン・職場・学校等)だと着用が厳しい
汗などで臭いが出た時等、手入れが大変

かぶるのに時間がかかる
脱毛時と言う事がわかる可能性がある

>>髪の毛付き帽子をクリック
>>医療用帽子をクリック

ウィッグのメッシュ仕様のインナーキャップをかぶる時のお悩み
●メッシュ仕様のインナーキャップが頭皮に引っかかりが気になる
●ウィッグ用のインナーキャップの裾のすべり止めゴムが締め付けがきつく長時間被れない
●化学繊維で痒みがあり、天然素材をお探しの方

ウィッグのインナーキャップをオーガニックコットンのインナーキャップに変えて見ませんか!
インナーキャップ 帽子の肌着
>>オーガニックコットンのインナーキャップ


フルウィッグのご購入をお考えのお客様は
 ●通販で購入される場合はサイズ変更等のアフターサービスがあるかをご確認下さい
 ●店頭販売で購入される場合はウィッグをご希望のスタイルにカットが可能等をご確認下さい
 ●美容室と併用で販売されいている店舗でご購入される場合は病院訪問サービス等あるかご確認下さい
フルウィッグは着け心地に加え、頭頂部や生え際、もみあげの部分などが自然に見えるか等、ご家族様やご友人様に印象や意見を聞きながらご購入をされると安心ですよ

>>フルウィッグ・ウィッグ帽子・帽子の比較


>>ウィッグの人工毛と人毛の違いについて



>>医療用ウィッグ、カラーの選び方

ウィッグ帽子をご購入されたお客様からのご感想です
>>頭が大きくてカツラもオーダーメイドでないとダメ

ロングの医療用帽子 ウィッグ

お問い合せ
>>ウィッグについてお問い合せをする


フルウィッグ・帽子ウィッグ・帽子の比較

フルウィッグ・医療用帽子ウィッグ・帽子の違い

脱毛時に頭皮を保護する為にフルウィッグ・医療用帽子ウィッグ帽子のどれをかぶろうか迷われると思います

参考になればと思います

フルウィッグ 医療用帽子ウィッグ 帽子
価格 3万円から100万円 1万円から3万円 2500円から1万円
重さ 100gから400g 40gから60g 20gから30g
通気性 蒸れやすい インナーキャップで通気も良い 通気は帽子ウィッグよりも良い
手軽さ かぶるまで時間がかかる フルウィッグよりも手軽にかぶれる すぐにかぶる
見た目 頭のサイズに合わないとウィッグと分かる ウィッグが帽子とマッチして分かりにくい 髪の毛が無いので脱毛時というのが分かる事がある
用途 お仕事等で帽子をかぶれない時 気軽にウィッグを使いたい時 楽にかぶりたい時
お手入れ 蒸れた時等シャンプーで洗濯し乾くまで時間がかかる フルウィッグよりも洗濯は楽 手軽に手洗いで洗濯
かぶり心地とサイズ等、細かくオーダーすると脱毛前とかわらない最高ウィッグが完成し、帽子ウィッグや帽子よりも使い心地と用途が良いです
しかし脱毛前と脱毛時等頻繁にサイズ調節等しないとウィッグと分かる事があり、時間と費用がかかる
帽子をかぶれないとインナーキャップが見えるので、絶対に帽子等のかぶり物をかぶらないと使えない
フルウィッグよりも見た目がウィッグとわかりにくく、気軽にご使用出来る
気軽に帽子は被れますが外出時のレストラン等で帽子を被ることがNGのお店等は使用できない
帽子は素材によって頭皮に合う合わないがある

ご自分のライフスタイルによってご購入をされる事をおすすめ致します

エクリュ

>>フルウィッグのメリット&デメリットについて


>>ウィッグの人工毛と人毛の違いについて


>>医療用ウィッグ、カラーの選び方


抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

ウィッグの人工毛と人毛の違い

ウィッグの人工毛と人毛の違い

医療用ウィッグを購入する時人工毛・人毛どちらが良いか迷われると思います

参考になればと思っています

人毛 人工毛
価格 人毛の方が高いです
人間の髪の毛を丁寧に洗い、染色しウィッグ
工程がかかるのでどうしても高い
最新の化学技術で人毛に近い感じに迄再現出来るようになってきたみたいです
染色しても自然な色合いになる 直射日光でてかりが出てしまいウィッグと分かる事があり
人工毛の弱点です
最近はテカリも殆ど無いウィッグも多く出てきています
耐久性 自然素材で耐久性は弱い 人工的に作ったもので耐久性はある
毛染 お好きな色に毛染めしやすい 毛染めは出来無い
耐熱 カール・ドライヤー等耐熱には強い 以前よりもカール・ドライヤー等に耐久性が出てきた


エクリュ

>>フルウィッグのメリット&デメリットについて


>>フルウィッグ・ウィッグ帽子・帽子の比較


>>医療用ウィッグ、カラーの選び方


抗がん剤治療医療用帽子通販専門店tendre(タンドレ)

医療用ウィッグ、カラー(色)選び方

医療用ウィッグ、カラーの選び方

医療用ウィッグはファッションウィッグと違って、ウィッグと言うのがわかりにくく、自然な感じと思われる事が大切だと感じております
特にカラーの選び方によっては違和感が出てしまう場合がございます

医療用ウィッグのカラー
 ●濃い色(ダークブラウン)系
 ●薄い色(マロンブラウン)系

大きく2色に分かれます


NHKのあさイチ(キャスター:井ノ原快彦(V6)と有働由美子(NHKアナウンサー))と言う番組内で
「徹底攻略、オンナの白髪というテーマ」がありました

その時講師の美容師さん(白髪染めのプロ)が言われていたのが
白髪染めの色は瞳の色を基準に選ぶといいそうです。

この白髪染を参考にして

瞳は、年齢とともに明るくなる
瞳の色より、少し明るめのウィッグカラーを選ぶと、バランスが取れる
暗い色のウィッグカラーを選ぶと老けて見えるそうです。

おしゃれウィッグとは違い医療用ウィッグは自然な感じに見られる為に
この白髪染めの法則を利用すると良いです

●瞳が薄くなりだした方はマロンブラウン

●瞳がしっかりした色の方はダークブラウン


ダークブラウン系のウィッグを使用して、突然若返ると不自然さが出ます
瞳の色を考えられると自然な感じになるのでいいですよ
是非ともご参考までに


>>フルウィッグのメリット&デメリットについて

>>フルウィッグ・ウィッグ帽子・帽子の比較


>>ウィッグの人工毛と人毛の違い


医療用ウィッグ
>>ウィッグ医療用帽子 髪の毛付き帽子

お問合せ・ご注文はこちら 096-325-2133 受付時間11:00〜19:00 PCでのお問合せはこちらから